カテゴリ: 史跡以外の場所紹介

まずは城山湖について軽く紹介

場所はココ  神奈川県相模原市緑区川尻

●城山湖についてザックリと
 この湖は人工的に造られた湖、つまりダム湖で、正式名称を本沢調整池(ほんざわちょうせいち)といいます。1965年、相模原の開発事業として、当時の神奈川県津久井郡城山町に建設されました。この湖の大きさについて解説の看板によると、「面積0.21㎢ 有効貯水量3835㎡ 高さ73m 長さ234m」とありました。形式は以前に紹介した津久井湖の【重力式コンクリートダム】ではなく、【ロックフィルダム】という形式です。この形式はコンクリートではなく、岩石や土砂を積み上げて建造するもので、外郭部を岩石で覆い、その内部は砂利や砂からなるフィルター材(半透水層)、中心を粘土質のコア材(遮水壁)からなっています。

構造については文章よりこっちのほうがわかりやすいかも
DSC_0017
 
 このダムの主な目的は発電で、ダムの近くには城山発電所があり、そこに電気を供給しています。主な仕組みですが、電気の需要が高い昼間は、水を津久井湖に放流し、その放流の力を使って発電を行い、電気の需要が少ない夜になると、他の発電所で発生した余剰電力を使って、昼間とは逆に今度は津久井湖の水をくみ上げます。そのため、昼間と夜間とでは水位の変動が激しく、看板によると昼夜で28mもの差があるとのこと。
 ちなみに、あまり綺麗ではない津久井湖の水をくみ上げているので、このダムの水もあまり綺麗ではないとのこと。でも、魚などの生物は多く生息しているそうです。

 現在は堤頂部分が整備され遊歩道になっていて、湖の周囲を歩くことができます。景色がとても良いので、行楽シーズンになると、ハイキングやドライブで訪れた人たちで賑わうそうです。


では実際に見ていきます。

もうすぐゴールの城山湖です。前回の評議原から少し進むと、このような石碑が出てきます。
DSC_0015

進むと鳥居が出現。階段を登ると正面に神社がありました。
DSC_0014

神社から先に進むとこのような道に。
DSC_0016

少し進むと城山湖到着。植木で、「し ろ や ま こ」と書いてあります。遠くからでもここに城山湖があるというのがわかるようになってます。

安全のため柵が二重になってます。ちなみにここは歩行者専用の道ですが、この場所から少し離れたところに車でも入ることができる道があるため、ハイキングコースを経由しなくても城山湖まで行くことができます。
DSC_0019

城山湖です。この写真は2019年3月のものですが、2018年12月当時は10年に一度の設備点検だったらしく、湖の水が全て抜かれていて、湖底のドーム?や鉄塔?のようなものが露わになってました。写真残ってなくてごめんなさい🙇。
DSC_0018

DSC_0021

ハイキングコースはここでゴールというわけではなく、まだ続きがあり、ダムの後ろに見える草戸山(くさどやま)という山に繋がっているそうです。機会があれば行ってみるつもりです。


●まとめ 感想
 以前に訪れた、津久井湖と比べるとかなり規模が小さかったです。津久井湖とは違い、周辺に公園やバーベキュー場、販売所などの施設はありません。なので、観光地というよりは、ハイキングコースの途中にあるダム、といった感じで、少し地味な印象を受けました。ですが、訪れる人は多く、ベンチに座ってダムを見ている人や、スマホで写真を撮っている人などが結構いました。ダムを見ながら色々楽しみたいという人は津久井湖へ、純粋にダムを見たい人は城山湖へ、といった感じでしょうか。
 

私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。購入もできます
写真素材 PIXTA


興味があれば


次回は、2018年12月の投稿結果です。

 ネコがたくさんいるお寺、宝泉寺を紹介・・・の前に、私に起こったちょっとしたアクシデントをお話させていただきます。

DSC_0029
 この写真は、お寺の前にある周辺地図が載っている看板です。私は現在位置と周辺の確認のため、この看板を見ていました。すると横から、「何かお困りですか?」という声が聞こえました。私は何かと思い、声がした方を向くと、30~40歳ほどの女性の警察官の方が立っていて、「どうかしましたか?何かお困りですか?」と聞いてきました。
 
 私は、「私、ここにハイキングしに来たんですけど、周りに何があるのか気になったので地図見てただけで、とくに困ってはいないです。」と答えました。すると、警察官の方は「そうですか、ちょっとお話よろしいですか?」と言い、私が「え?」と困惑していると、「どこから来ましたか?」と私の返事を聞かずに質問してきました。
 
 私は内心「これ、職質ってやつじゃないの?なんか急に始まったけど・・・」なんて思いつつも、断ったり、抵抗したら面倒と聞いていたので、仕方なく応じることに。結局、どこから来たのか、何しに来たのかと、持ち物検査を受け、7~8分ほどで私の疑い(?)は晴れました。

 ちなみに時間は土曜日だったか、日曜日だったか忘れましたが、休日の午後2時近く。ハイキングコースの入り口ということもあり、ハイキング目的であろう人たちもチラホラいました。私はなぜ職質を受けたのか気になったので、「この辺で事件とか何かあったんですか?」と聞いたところ、警察の方は「いいえ、そうではないです。でも、最近変な人多いんですよねー。」と言っていました。私は「へー、そうなんですかー。」と言いながらも、内心「その言い方だと、私が変な人に見えたってことかな?」なんて思いました。

 自転車の防犯登録の確認のため、何度か警察に止められたことはあったのですが、職質は初めてだったので驚きましたとくに怪しい服装をしていたりはなく、凶器になりそうなものも持ってないし、他にも人はいたのに、なぜ私だけが職質を受けたのか謎でした


さあ、前置きが長くなってしまいましたが、ネコのお寺の紹介になります

宝泉寺(ほうせんじ) 場所はココ 神奈川県相模原市緑区4562


DSC_0021
※2019年5月に撮影した写真です。
目印の石碑です。ちなみに「寶」の字は宝の旧字です。右側には、「史蹟 相模国 小松城址」と書かれた石碑があります。

 このお寺は、平安時代末期からの由緒あるお寺らしく、小松城が築城される前からあったそうです。本堂前には有形文化財になっている、室町時代に造られたとみられる、石でできた灯篭があります。(撮り忘れました。ごめんなさい🙇) 現在は城山湖霊園という霊園になっていて、敷地の中央に本堂と管理棟などの施設、周囲にはお墓が広がっています。お墓参り目的なのか、ネコ目当てなのかわかりませんが、常に数人の人がいる状態でした。


出会ったネコたち
植木の下でくつろいでました。
DSC_0011

DSC_0012


本堂の前でくつろいでいました。写ってる手は私のです。
DSC_0013

DSC_0014


虫を見つけて追いかけてました。
DSC_0015

DSC_0016

管理棟前でくつろぐ
DSC_0017

DSC_0018

DSC_0019

DSC_0020
 お寺に来ていた人曰く、今日はあまりいないとのこと。いつもは10匹ほどいるんだとか。そういえば、後から思ったのですが、彼らはここで飼われているんでしょうか?野良がここに住みついちゃって、お寺の人に世話されているんでしょうか?世話はしているけど、ネコたちの自由にさせてるって感じで、飼っているというわけではないのかな?ちなみに管理棟は常に人がいるというわけではないとのこと。

●まとめ 感想
 どのネコものんびりとしていて大人しく、人懐っこかったです。本堂や霊園内を自由に歩き回っているようですが、植木や墓石などにいたずらしちゃったり・・・なんてことはせず、お行儀よく園内を歩いていました。管理棟の近くにはネコ用のトイレも置いてあり、彼らはきちんとそこで用を足しているようで、園内に糞などがおちていたり・・・なんてこともありませんでした。しつけがしっかりとされているようです。
 外でゴロゴロしているので多少汚れていたりはしていますが、毛並みもとても良く、しっかりとご飯を食べているみたいで、とても大切にお世話されているようでした。よくTVで、ネコがたくさんいるお寺や、ネコの集まる場所なんてのを目にしてましたが、まさか自分の身近にそんな場所があるとは思っていませんでした。来てよかったです
※動物を撮影する際は、目を傷めてしまう恐れがあるのでフラッシュはNGです。気をつけましょう。



私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。購入もできます
写真素材 PIXTA


昔飼ってたネコは何故か高い缶詰はあまり食べず、この缶詰ばかり食べてました。すごく安いヤツなのに。


次回は、小松城跡を紹介します。

久々の場所の紹介です。

場所はココ 神奈川県相模原市緑区1274-2 津久井湖観光センターや、津久井湖城山公園などから見られます。



●津久井湖についてザックリと
 津久井湖は城山ダムのダム湖として造られた、人口の湖です。この湖は神奈川県の人口増加に伴い、新たな水源確保のため、補助多目的ダムとして、1965年に県では3つめのダムとして誕生しました。高さは75m、コンクリートを主要な材料にした、地震や洪水に強い、【重力式コンクリートダム】という型式です。湖の規模について、現地にある津久井湖の解説看板によると、「湖の面積は2.47平方キロメートル(横浜スタジアムの約190倍)、使える水の量は5120万平方立方メートル(県庁新庁舎約368杯分)」とありました。とにかく大きなことがわかります。

 ダムは、洪水の調整、発電、水道水用、工業用水に使われ、横浜市、相模原市、川崎市や湘南地域へ水を供給しています。また、近隣の宮ケ瀬ダムや道志ダムなどとも水を融通し、スムーズに効率よく、水の運用を行っているそうです。発電施設は神奈川県が運営しているそうですが、こういった施設は大体の場合、電力会社が主体になって運営するものらしく、自治体が運営するのは珍しいことらしいです。

 津久井湖やその周辺は自然豊かで、生態系が形成されていて、カワセミやキジにメジロなどの鳥類、サルやイノシシ、タヌキやムササビなどの哺乳類、アサギマダラ、オオムラサキ、ミヤマクワガタにヤママユガなどの昆虫類、モリアオガエル、マムシ、ヤマカガシ、クサガメなどの両性爬虫類、バス、ナマズ、ニジマス、アユなどの魚など、多くの野生動物が生息しています。

津久井湖 ※この写真は2019年3月に撮影
DSC_0028


水の量を調節していると思われる水門
DSC_0029

●観光地としての津久井湖
 津久井湖周辺は、県立公園として整備され、水の苑地、花の苑地、根小屋地区の3つに分けられ、アスレチックがあったり、バーベキュー場があったり、テニスコートがあったり、噴水があったり、広い花壇があったり、地元の野菜を売っている観光センターがあったり、サクラの名所になっている場所があったり、ハイキングコースがあったり、釣り船を貸してくれるところがあったり、戦国時代の城跡があったりなど、1日では全て回りきることができないほどのボリュームがあります。
 また、神奈川県を代表する景勝地としても知られていて、八景広場と呼ばれる場所からの景色は「相模川八景」に山の山頂からの眺めは「神奈川の景勝50選」に選ばれているそうです。また、紅葉台広場という所からは相模湾や横浜ランドマークタワー、新宿副都心のビル群などが見えるそうです。

このときの撮影で訪れたのはこの水の苑地 
※これは2019年3月に撮影したものです。
DSC_0056


DSC_0054
2018年9月に訪れた際は、花壇の花は百日草でした。花壇の花は季節ごとに変わるそうです。この写真は3月に撮ったものなので、花壇にはパンジーやノースポールの花が咲いていました。5月にはルピナスの花が咲いているそうです。

●まとめ 感想
 湖は、想像していたよりも大きかったです。ただ、水門からの放水などが見られるわけではないため、以前訪れた小河内ダムや宮ケ瀬ダムに比べると地味な印象を受けました。津久井湖だけを見に来た、という人はあまりいないようで、どちらかといえば、公園を目当てに来ているような感じでした。
 
 公園は水の苑地だけではなく、花の苑地、根小屋地区すべてを回る予定だったのですが、とても暑くへとへとに疲れていたので、水の苑地一カ所しか見る体力がありませんでした。機会があれば他の2カ所にも行こうと思っています。戦国時代の城跡へはぜひ行きたいです。公園内は、大きな芝生の広場や噴水があり、また、たくさんの花壇があり、何百本もの色とりどりの花が咲いていました。「一本一本全部植えるの大変だっただろうなー。」なんて思いながら、花壇の写真を撮ってました。
 
 ちなみに、広場を走り回る子供たちや、犬の散歩をしている人、津久井湖を眺めている人、写真を撮っている人などがいてとても賑わっていました。上の写真は、3月のまだ寒い時期のものなので、人があまりおらず、人が映り込む心配をせずに撮影をすることができたのですが、もう少し暖かくなると人で賑わい始めることでしょう。また、ボランティアの方々がゴミ拾いや掃除などを行っているようで、公園内は常に綺麗な状態に保たれています。地元民からとても大事にされているのがわかりました。


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。購入もできます
写真素材 PIXTA


ダムについて知りたい人は


次回は、2018年9月の投稿結果です。

2017年10月に出かけた長沼公園を紹介します。

場所はここ 東京都八王子市長沼町



公園の入り口(この写真は2019年3月に撮影しました。)
DSC_0001
 長沼公園は東京都八王子市長沼町・下柚木にある、面積36万平方メートルの公園で、1980年6月に開園しました。公園は多摩丘陵に位置し、内部は雑木林に覆われています。雑木林の木々は主にクヌギやコナラなどで、一定の樹齢を過ぎると伐採され、その後、切り株から出た芽が成木になるまで育てられ、また一定の樹齢に達すると伐採し、次の芽を育てる、というような人の手による管理を行っているそうです。一見、自然に人が手を加えることは良くないと思われがちですが(私が思っていました)、適度に人が手を加えて管理したほうが、木々やそこに住む生き物たちにとって住みやすく、生態系を維持しやすいんだそうです。ちなみにこの公園には、たくさんの種類の野鳥や野草、虫たちが生息しており、自然を観察するのにも最適なんだそうです。
 そして、2011年11月には八王子市にふさわしい景観だとして、「八王子八十八景」(はちおうじはちじゅうはっけい)に選ばれました。この「八王子市八十八景」には、八王子市の歴史や文化、行事など、八王子市を代表する有名な景色が選ばれていて、この公園が八王子市にとって大切なものであることがわかります。

案内板(この写真は2019年3月に撮影しました。)
DSC_0002
 公園という名ではありますが内部は、ハイキングコースになっていて、ゴールである頂上園地を目指します。頂上へのルートも複数あり、行きと帰りで別のルートを通るのも面白いと思います。しかし、道はある程度舗装されてはいるものの、高低差が約100メートルあるため、軽い登山に感じる人もいるかもしれません。道中には、川が流れていたり、休憩できるベンチや机あったり、八王子や日野市街の景色を楽しむことができる展望スペースなどがあり、ゆっくりと休憩しながらゴールを目指すことができますので、体力に自信の無い方はくれぐれも無理せずにじっくりと休み休み進みましょう
 また、公園の周囲にはブルーベリー農園や庚申塚があったり、「峠の小さな美術館」なる地域の絵画好きの人たちが運営している美術館があったり、野鳥料理が有名な「鎌田鳥山」(かまたとりやま)というお店があるとのことです。また、歩いて20分ほどの場所に以前、私が訪れた平山城址公園もあります。美術館と野鳥料理のお店は、隠れ家的な場所にあるらしく、初めてきた人には見つけるのが難しいらしいです。ちなみに私は、美術館は見つけられましたが、「鎌田鳥山」さんは見つけられませんでした。気になる方はぜひ探してみてはいかがでしょうか。
DSC_0003

DSC_0004
こんな感じの道です。(この写真は2019年3月に撮影しました。)


●歩いてみての感想
 実際に歩いてみたところ、道が舗装されていてとても歩きやすく、管理が行き届いている公園なんだなーと思いました。なにより、チョウ・蛾やバッタ、クモ、草花やキノコなど、被写体になるような生き物たちがたくさんいました。10月にこれだけたくさんの生き物が見られるということは、夏にはもっとたくさんの種類の生き物を見ることができるかもしれません。というよりは、春、夏、秋ごとに見られる生き物が違うはずなので、季節ごとに生き物を探してみるのもいいかもしれないなー、ここに行けば被写体のネタが切れた時に助かるなー、なんて思いました。また、晴れていたからか、展望スペースから見える街並みがとてもきれいでした


次回は2017年10月の投稿結果です。 

                      

今回は奥多摩湖と小河内ダムについてザックリ解説します。

奥多摩湖と小河内ダムの場所


奥多摩湖と小河内ダム(写真データ残ってなかったので写真はありません。ごめんなさい)
 東京都西奥多摩群奥多摩町にあるこの大きな湖は、奥多摩湖と呼ばれて言いますが正式には小河内貯水池(おごうちちょうすいち)という名の人工の湖で水を貯めたり流したりしている、要するにダムです。
 このダムは大正時代の1926年に計画されるのですが途中、ダム建設地に住む小河内村などの住民の反対や、神奈川県との水に関する利権争いがあり、1938年やっと工事がスタートします。しかし、第二次世界大戦の激化により工事が一時中断してしまい、1957年にやっと完成しました。
 重力式コンクリートダムという造り(調べたり人に聞いたりしたのですが、丈夫で地震などの災害に強いということぐらいしかわかりませんでした。ごめんなさい🙇)で、堤高149メートル、基底幅131メートル、堤頂長353メートル、頂標高530メートル・・・などとプロフィールに書いてありましたが、ダム初心者の私には何が何やらさっぱりわかりません。 でもなんだかとてもスケールが大きいということだけはやんわりと理解することができます。ちなみにこの大きさのダムは日本最大級のものらしいです。
 このダムは水道水用の水の貯水と、発電を目的に運用されており、万が一、東京都が水不足になった際にこのダムからの水を使う、つまりバックアップ用の水源として大きな役割を担っています。もしも、このダムが無くなってしまったら、雪があまり降らない東京に住む人々は、いつ水不足になってしまうのかという不安に悩まされてしまうかもしれないでしょう。このダムは、利根川の水を取水しているので、水が減ることはほとんど無いとのことです。東京の人々の安心な生活はこのダムによって知らず知らずのうちに守られているのです。また発電された電力は、多摩地区とその周辺の地域で使用されます。


奥多摩湖周辺の観光
 奥多摩湖と小河内ダムは観光地として有名なんですが、実はその周辺にも様々な施設があり湖とダム以外にも大いに楽しむことができるようになっています。
 湖の周りがハイキングコースだったり、沢山の山があったり、綺麗な渓谷があったり、滝があったり、川で魚釣りやカヌー、ラフティングが楽しめたり、日原鍾乳洞(ひのはらしょうにゅうどう)があったり、美術館があったり、温泉があったり、キャンプ場があったりなど盛りだくさんです。冬は風が冷たくおススメしませんが、夏ならばおススメです。周りは森なので都会の町中よりも涼しく感じますし、川の近くでバーベキューをするのもいいかもしれません。ぜひ夏は自然の中で涼みに、また、お子さんとの思い出づくりや自由研究で訪れてみてはいかがでしょうか。(ちなみに私は湖とそれにかかっている浮橋とダム、鍾乳洞以外行ったことはありません。)
 ※注意(?)
 町中にある施設は心配ないのですが、奥多摩湖の周囲には、コンビニやスーパーなどの類がありませんので、飲み物食べ物等は早めに買っておきましょう。しかし、トイレは一定間隔で設置されていますので、あまり心配しなくてもOKです。また、奥多摩湖の周囲の道路は走りやすいのか、自転車(ロードバイク)で走っている方やオートバイで走っている方が多くいらっしゃいます。お車で行く際は十分に注意して運転しましょう。

心霊スポット(人から聞いたりネットで見たりしただけなので、真偽は不明です。何かあっても自己責任で)
 まさか無いよなーなんて何気なく探してみたらありました。 なんでも昔、湖を横断できるロープウェイがあったらしいのですが、お客さんがあまり来なかったので、運行は休止になりました。ロープウェイを運営している会社も夜逃げしたとかで音信不通になったため、ロープウェイ施設はそのまま打ち捨てられ廃墟になったそうです。そのロープウェイのゴンドラに女性の幽霊が出るとのことです。そのほかにも自殺の多い橋があるとかも聞きました。ホントかなー でもロープウェイ施設の廃墟はなんだか面白そうですので、今度行ってみたいです。
(行くのは自由ですが、何かあっても自己責任でおねがいします)

興味があれば
    

次回は、6月の投稿結果とツバメについてです。

↑このページのトップヘ