2021年5月の写真です。


 散策中にでかい蚊を発見。 ガガンボの一種だと思われます。
ガガンボ ブログ用
ハエ目 ガガンボ科 ガガンボ


●ガガンボについて
 ガガンボはガガンボ科に属する昆虫の総称で、「蚊の母」が語源であるとされています。カトンボ、アシナガトンボなど、地域によって様々な呼び名があるそうです。世界各地に分布し、現在世界では約15000種以上が発見され、そのうちの約700種ほどが日本にも生息しています。

 幼虫はイモムシ状をしており、水田、沼地、河川、湿地、地中などのジメジメした場所に生息し、植物などをエサにしています。水田に生息するキリウジガガンボの幼虫は、イネの根をエサにするため、害虫として扱われているそうです。

 孵化した翌年にはサナギになり、春と夏の年2回成虫が発生します。成虫は蚊を一回り大きくしたような見た目で、体、脚、翅が細長い形をしています。数十ミリの体長のものから、80mmになるものまで様々な大きさの種が存在しているそうです。日本では公園や住宅地などの人が多い場所でも姿を見ることができます。夜行性のため、街灯などに寄ってきたりします。飛ぶ速度は遅く、脚や翅はすぐに取れてしまうなど非常に貧弱。

 蚊と同じ見た目をしてはいますが、人や動物の血を吸うことはなく、水や花の蜜をエサにしています。特に人に悪さをするわけではないのですが、見た目のためか、不快害虫として扱われています。


 左にあるのが私の手。血を吸うヤブ蚊よりもかなり大きいことがわかります。
ガガンボ ブログ用2


●まとめ 感想
 この蚊は春や夏になると、マンションや公園、林の中などいたるところで見かけるので、特に珍しい印象はなく、彼らには可哀そうですが「近づきたくない 近づいてくるな!」なんて思っていました。たとえ血を吸ったりなどの害が無いとはいえ、こんな大きな蚊が自分めがけて飛んできたらものすごい嫌悪感を抱いてしまいますよね。今回の写真は、いつ自分めがけて飛んでくるかとビクビクしながら撮影しました



私のPIXTAのページです。写真は購入できます
写真素材 PIXTA


興味があれば

次回は、タイワンキシタアツバを紹介します。