2021年4月の写真です。


 先月は神奈川の海に行ってきたので、今回は東京の葛西臨海公園に行ってきました。

場所はココ 東京都江戸川区臨海町6丁目2
 


●葛西臨海公園 葛西海浜公園について
 葛西臨海公園は、東京都が東京都湾沿岸の汚染や埋め立てで破壊された自然を再生する目的で、1989年に開園した都立公園であり、約80ヘクタールの面積があります。敷地内は年間来場者数日本一の記録を持つ、葛西臨海水族園のある水族園ゾーン、池や森、ウォッチングセンターなどの野鳥観察施設などがある鳥類園ゾーン、宿泊施設であるホテルシーサイド江戸川や、バーべキュウ会場、日本で2番目の大きさを誇る、ダイヤと花の大観覧車のある芝生広場ゾーン、海を一望できる展望レストハウス「クリスタルビュー」、ライブなどのイベントにも使用される「汐風の広場」などがある汐風ゾーンの4つに分けられています。

 
 臨海公園内を抜け葛西渚橋を渡ると、葛西海浜公園に入ることができます。海浜公園は約15ヘクタールの面積を持つ西なぎさ、約10ヘクタールの面積を持つ東なぎさの2つに分かれた人工干潟と、水域約411ヘクタールから成っています。

 西なぎさは初夏には潮干狩りができ、夏には水遊びするために多くの人が集まる場所になります。また、元日の初日の出スポットとしても有名なんだそうです。一方、東なぎさは環境保全ゾーンとなっているので、立ち入りが禁止されています。1996年には「日本の渚百選」に選ばれ、2013年には西なぎさが東京都区部としては51年ぶりとなる、海水浴場として海開きをし、また、2018年には東京都で初となるラムサール条約登録地になりました。



駅から出るとすぐに公園の入り口があります。この道は「海へのプロムナード」と呼ばれるメインストリートです。途中に水族園ゾーンや鳥類園ゾーンへの分岐があります。園内へは無料で入れますが、水族園などの一部施設への入園は有料になっています。
葛西臨海公園 ブログ用1


これがダイヤと花の大観覧車です。(運悪く雲が出てきてしまったので、暗くなっちゃいました)
葛西臨海公園 ブログ用2


メインストリートをまっすぐ進むと西なぎさ橋があります。
橋


橋からの景色
葛西臨海公園 ブログ用4


葛西臨海公園 ブログ用5


橋を渡ると西なぎさに到着。トイレや自販機があります。バーべキュウー場もありましたが、こんな時世なので、使用できなくなっていました。
西なぎさ ブログ用


海の様子です。干潟なので波は全然高くありませんでした。
葛西臨海公園 ブログ用7



●まとめ 感想
 このご時世なのか、人はほとんどおらず、快適に撮影することができました。ですが、干潟のためか横須賀の海と比べると、波がほとんど無く、少々物足りない感じがしました。砂浜も砂と泥とカキの殻(?)が落ちている状態だったので、横須賀の海の砂浜と比べるとあまり綺麗ではありませんでした。ですが、水鳥やハマグリなどの干潟で見られる生き物に遭遇することができました。


私のPIXTAのページです。写真は購入できます
写真素材 PIXTA


興味があれば

次回は、ハマグリを紹介します。