2020年11月の写真です。


散策中、クワコを発見。
クワコ ブログ用
チョウ目 カイコガ科 カイコガ属 クワコ


●クワコについて
 体長32~45mm。日本では別名、クワゴとも呼ばれ、北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島に生息。海外では中国、台湾、朝鮮半島、ロシア極東部などに生息しているとのこと。

 幼虫は孵化したばかりのころは、濃褐色地に白い模様が入った、鳥の糞のような見た目をしたイモムシですが、成長すると、頭部に周りが赤く、中心部が黒い、目玉のような模様が2つ現れ、正面から見ると、まるで蛇のようにも見えます。また、背面部分にも小さな目玉のような模様と、尾の部分に小さな突起物が現れます。身の危険を感じると、体を膨らませて、目玉の模様を強調して威嚇します。主に、クワ科のクワやヤマグワの葉をエサにしています。35mmほどに成長すると繭を造ってサナギになります。

 生息している地域や環境、個体によって生態に差があるらしく、幼虫が3回脱皮してサナギになる場合もあれば、4回脱皮してサナギになる場合、サナギになって2~3週間で羽化して成虫になる場合もあれば、2~3か月しないと羽化しない場合もあるそうです。

 成虫は6月~11月ごろに発生。翅は体に対して小さく、淡褐色で、濃い褐色の帯模様が入っています。触角は櫛状でメスの方が大きくなる傾向にあります。

 ちなみに、絹糸を採るために家畜化された昆虫である、カイコガの原種ではないかという説があります。クワコは飛行能力があるのに対して、カイコガは飛行能力を失っています。これはクワコを人の手で品種改良したため、とされています。しかし、クワコとカイコガの両方の原種が存在し、その原種が進化の過程で人に飼われたものがカイコガ、飼われなかったのがクワコだったのではないかという説もあります。どちらの説が正しいかは未だはっきりとはしていません。



●まとめ 感想
 もし、クワコがカイコガの原種だったとして、元々飛べるものをどのように品種改良すれば飛ばない蛾にできるのか疑問です。突然変異などで飛べない個体を飼育して増やしたのかな?



私のPIXTAページです。写真は購入できます
写真素材 PIXTA


興味があれば



次回は、ケイトウを紹介します。