2019年11月の写真です。



散策中、ヒメヤママユを発見しました。
ヒメヤママユ ブログ用
チョウ目 ヤママユガ科 ヒメヤママユ


●ヒメヤママユについて
 羽を広げた大きさは85~105mm、メスの方がやや大きい。北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島の森林地帯でよく見られますが、夜になると外灯に飛んでくることがあるため、森林近くの住宅街や街中でも姿を見ることができます。以前はロシアや朝鮮半島に生息している種の亜種だと考えられていたのですが、現在では日本固有種だとされています。


 幼虫は生まれたばかりのときは黒色で背面に赤やオレンジの斑点模様があり、側面が黄緑色をしている毛虫ですが、成長すると全身が黄緑色になり、また、白く長い毛で覆われます。バラ科のサクラ、スモモ、ウメ、ブナ科のクヌギ、コナラ、カバノキ科のアカシデ、ミズキ科のミズキ、スイカズラ科のガマズミやサンゴジュなど、様々な植物の葉をエサにします。約60mmほどに成長すると楕円形の繭を造り、サナギになり羽化して成虫になります。


 成虫の翅はオリーブ褐色で、茶色や白っぽい模様と、前翅と後翅には目玉のような模様が一つづつ入っています。翅の色は褐色が強いものや黄色っぽいものなど、個体によって差があるようです。オスの触角は羽毛状で、メスの触角は櫛状になっています。口が退化しているのでエサはとりません。成虫は9月~11月ごろの年1回発生し、卵の姿で越冬します。



別の日、河原を散策中に花壇でヒメアカタテハを発見しました。
ヒメアカタテハ ブログ用2
チョウ目 アゲハチョウ上科 タテハチョウ科 アカタテハ属 ヒメアカタテハ

ヒメアカタテハ ブログ用


●ヒメアカタテハについて
 体長25~33mm。北海道、本州、四国、九州、沖縄の日当たりの良い低い草原地帯から高地まで幅広く生息し、街中の公園や住宅地、花壇などでも姿を見ることができます。日本以外でも南極大陸を除く全ての大陸に分布しており、現在最も分布が広い蝶の一つであると言われています。


 幼虫は全身が黒くトゲトゲした毛虫で、自身の吐く糸で葉をまとめて巣を造りそこで生活をします。エサはヨモギやゴボウで、成長すると葉の裏などに逆さまになってサナギをつくり、羽化して成虫になります。

 
 成虫の前翅はオレンジ地で、先端部分が黒く白い斑点模様があります。後翅もオレンジ地で黒い斑点模様が入っています。近縁種のアカタテハによく似ていますが、翅の裏側はアカタテハがほぼ灰褐色であるのに対し、ヒメアカタテハはオレンジ色と明るい茶色になっています。

 飛行能力が高く、蜜を吸うために花から花へと素早く移動する様子が見られます。オスは縄張りを作るため、縄張りの範囲内を往復して飛行します。

 
 成虫は4月~11月までに数回発生し、寒くなると暖かい地域に移動して成虫の姿で越冬するものや、卵の姿で越冬するもの、幼虫の姿で越冬するものなど、越冬形態は様々です。


●まとめ 感想
 ヒメヤママユは以前紹介したヤママユガ科の蛾である、ウスタビガヤママユガに比べるとやや小ぶりな大きさではありますが、羽の模様がとても綺麗でした。写真の個体は前羽しか見えず、後羽が隠れてしまっていたのが少し残念です

 ヒメアカタテハの方は、発見した周囲にヒョウモンチョウも多く飛んでいたため、この蝶もヒョウモンチョウかと思っていたのですが、調べてみるとヒョウモンチョウと羽の模様が全然違っていました。素早く飛ぶそうですが、写真の個体は花の蜜に気を取られていたのか、こちらが近づいても逃げることがなかったので、簡単に撮影することができました


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。写真は購入もできます

写真素材 PIXTA


興味があれば

次回は、オオノコメエダシャクとサトクダマキモドキを紹介します。