2019年11月の写真です。



休日、近所の山を散策中、アサギマダラを発見しました。

アサギマダラ ブログ用
チョウ目 タテハチョウ科 マダラチョウ亜科  アサギマダラ属 アサギマダラ

アサギマダラ ブログ用2

アサギマダラ ブログ用3

●アサギマダラについて
 体長43~65mm。北海道、本州、四国、九州、沖縄の平地や草原、山地など広い範囲で姿を見ることができます。外国でも中国、朝鮮半島、東南アジアやヒマラヤ、カシミールなどの高地などに分布しています。


 卵は植物の葉の裏などに産み付けられ、孵化したばかりの幼虫は茶色地や黒地に、白と黄色の斑点模様のある毒々しい見た目をしたイモムシなのですが、成長するにつれ、頭部付近と尾部付近に黒と白の曲がった牛の角のような突起物が生えてきます。体色もより鮮やかになり、より毒々しい見た目になります。

 エサはガガイモ科のキジョラン、カモメヅル、サクララン、イケマなどの毒性の強いアルカノイドを含んだ植物の葉で、これらの植物の毒を体内に取り込み毒化することにより、外敵から身を守っています。成長すると爽やかな淡緑色に変色し、葉の裏側などに逆さまにぶら下がり、しばらくすると、黄緑色で所々に銀色の斑点模様がついたサナギになります。


 サナギから羽化した成虫は、黒地に青白く透明な斑紋のある前翅と、茶色の後翅をしています。前翅の透明な個所には鱗粉はあまりついていません。この蝶の名前である浅葱(あさぎ)とは、青緑色の古い呼び方で、前翅の青白い模様の部分に由来して命名されました。あまり細かく羽ばたかずに飛行するのが特徴で、花の蜜を吸うために、周囲をフワフワと飛んでいる様子はとても優雅です。

 体も黒地で無数の青白い斑点模様が入っており、オスは腹部にフェロモンを分泌するヘアペンシルと呼ばれる器官を持ち、また、尾の部分に濃い褐色の斑模様を持っています。

 
  長旅をすることでも知られ、秋になると日本本土から南西諸島・台湾などの温暖な地域に移動する個体が多く、1500~2500km移動した個体や、1日に200kmも移動した個体もいるようです。中には初夏や夏にかけて涼しい地域に移動する個体も確認されていますが、未だ移動のメカニズムに関しては解明されていません。越冬形態も地域によって、卵だったり、幼虫だったり、サナギだったり、成虫だったりと様々で、生態に関しても未だよく分かっていません。日本昆虫学会による国蝶選定の際、ナミアゲハやオオムラサキなどと並び、候補に挙がっていましたが、1956年の切手にオオムラサキが採用されたことを契機に、1957年にオオムラサキが国蝶に選ばれました。


●まとめ 感想
 八王子市では毎年10月から11月ごろになると、このチョウをよく見かけます。平地よりは高尾山や八王子城跡などの高地でよく見られ、陽の当たる暖かい場所では、十数匹のアサギマダラたちがひらひらと舞っている様子も見ることができます。

 人をあまり警戒することがないため、思いっきり近づくことができ、すぐ間近で撮影することができました。ただ、元気に動き回っていたため、羽がぼやけて写っている可能性があったので、念のために枚数多めに撮影しておきました。NGにならなきゃいいですけど・・・。


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。写真は購入もできます

写真素材 PIXTA


興味があれば

次回は、ヒメヤママユとヒメアカタテハを紹介します。