2019年10月の投稿です。



 10月の天気ですが、台風19号が印象的でした。この台風は10月3日にマリアナ諸島の東海上に発生し、ハギビスと名付けられました。非常に強い勢力を持ち、ハリケーンの勢力の強さを量るカテゴリーでは、最大カテゴリーが5なのに対して、この台風はそれを上回る「カテゴリー6」相当の勢力ではないか、「地球史上最大級の勢力なのではないか?」などと言われ、世界中から注目されていたようです。

 各地ではこの台風に備えるため、食料品やガラスを保護するための養生テープなどがよく売れ、台風の上陸予定日にはお休みにする店もありました。


 そして、強い勢力を維持したまま小笠原諸島に接近し、12日の19時には伊豆諸島に上陸し、関東地方と福島県を縦断し、13日には三陸沖東部で温帯低気圧に変わりました。

 この台風の影響で、関東甲信地方、静岡県、新潟県、東北地方では降水量が観測史上1位を更新するなどの記録的な大雨になりました。各地では次々に川が氾濫を起こし、住宅街まで水が流れ込み、家屋の浸水が続出しました。また、農家などでも大きな被害が出たそうです。先月の台風15号の復旧作業に追われていた矢先に台風19号が上陸し、また、19号が去った後も雨の日が続いたので、復旧作業が進まず、完全に復旧するまでの目途が立っていない地域もあるそうです。


 私の地元の八王子市でも大雨が降り川が氾濫し、低い位置に建っていた住宅や道路は浸水したり、山などで崖崩れが起こったりしました。

近所の浅川です。このようにえぐられてしまった箇所が数カ所ありました。
台風19号被害 ブログ用3

 
よく虫を見つける地下通路です。通行止めになってしまいました。いつ復旧するかは不明です。
台風19号被害 ブログ用


中に大量の水と泥が入り込んでしまっています。
台風19号被害 ブログ用2

 
 
 此度の台風19号に被災された方々には心からお見舞い申し上げるとともに、復興に尽力されている方々には安全に十分に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

 被災地の方々の安全と一日でも早い復興を心より、お祈り申し上げます。

 

 さて、10月の撮影なのですが前述の通り、台風19号とその後の雨の影響により、上旬しか満足に撮影に出られませんでした。またそれに加え、台風通過後の道路は泥でぬかるんでいたり、川や山は土砂崩れで入ることができなくなっていたりなど、思うように撮影することができませんでした。


 そんなわけで、2019年10月の投稿写真です。

 ●虫37枚 ●花9枚 ●キノコ3枚 ●カニ2枚 ●カタツムリ1枚の計52枚です。
 
 
 先月投稿した71枚に比べると大幅に枚数ダウンです。被写体の種類も先月に比べるとグッと少なく、一つの被写体を複数のアングルで撮影した写真が多くなってしまいました。しかも、曇りの日がほとんどだったので、明るさも十分とは言えず、自分としてはイマイチな写真が多かったのですが、最低でも50枚は投稿したかったので、なんとか審査に通りそうな写真を選んで投稿しました。今月投稿した52枚の内、何枚がNGを食らってしまうのやら・・・

 
 先月の写真投稿記事では「秋の虫やキノコの写真が増える」なんて言っていましたが、台風の残した爪痕があまりにも深く、いつも撮影で訪れる山などに入ることができなくなっているため、例年のように虫やキノコ、紅葉などを撮影するのが難しくなっています。なので、来月は史跡などを中心に撮影しようと考えたのですが、そちらの方も台風の影響を受けている可能性もあるので、被写体に関して何か対策を考えなくてはいけないでしょう。果たして、来月は写真投稿できるのでしょうか・・・


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。写真は購入もできます

写真素材 PIXTA


興味があれば

次回は、ウスギヌカギバを紹介します。