2019年9月の写真です。

オオカマキリを見つけた草むらで、今度はオンブバッタを発見しました。
オンブバッタ ブログ用
バッタ目 オンブバッタ科 オンブバッタ


●オンブバッタ科についてザックリと
 バッタ目に属する昆虫は世界で約1万種以上が発見されていますが、オンブバッタ科に属するバッタはその内の約400種ほどで、他のバッタ目に属する科に比べるとかなり少ない規模です。大半の種はインド洋南西部のマダガスカル諸島に集中して分布しており、日本にはオンブバッタと、南西諸島に生息する、アカハネオンブバッタの2種しか生息していません。

 オンブバッタ科のバッタも、他のバッタ類と同じく卵から孵化し、幼虫は大きさと翅が生えていない以外は成虫と同じ姿をしています。体は船のような形をしており、他のバッタ類と同様に後ろ脚が発達しています。成虫になると翅が生えるのですが、飛行能力は低く、また、後ろ脚を使ったジャンプもあまり得意ではありません。そのため、葉の上でジッとしていることが多いようです。エサは他のバッタ類がイネ科の植物を好んで食すのに対し、オンブバッタ科はキク科の植物を好んで食すようです。

 バッタ類は交尾の際、オスがメスの上に乗っかるのですが、オスは交尾が終わるとメスから離れます。しかし、オンブバッタ科のバッタは、交尾が終わってもオスがメスの上に乗りっぱなしになっており、その様子がまるでおんぶをしているように見えるため、この名がつけられました。


●オンブバッタについて
 体長♂20~25mm、♀40~42mm、メスの方がオスよりも大きいです。北海道、本州、四国、九州、沖縄の原っぱや畑、空き地、公園などの草むらに生息しています。様々な植物をエサにしますが、ヨモギなどのキク科の植物を好んで食すようです。農業やガーデニングをする人にとっては、葉を食い荒らしてしまう害虫として扱われているそうです。

 
 秋に土の中などに産み付けられた卵は越冬して、春になると幼虫が孵化します。幼虫は緑色で小さく、翅が生えていません。成長した幼虫は8月ごろに成虫になります。

 成虫は緑色か褐色、デザートピンクなど、環境に合わせた体色になります。頭部は頭頂が前方に突出して円錐形になり、平たく短い触角が生えています。体は細長く船のようで、ショウリョウバッタに似た形をしています。翅が生えているのですが、ほとんど飛ぶことができません。しかし、翅が長く飛ぶことができる個体も発生することがあるようです。

 交尾が終わった後もオスがメスの上に乗り続けているのは、他のオスにメスを取られないようにするためで、メスの背中に誰が乗るかで争っているオスたちの様子を見ることができます。


オスが乗っていないメス
オンブバッタ メス ブログ用


●まとめ 感想
 このバッタを見つけた草むらには、たくさんの昆虫が生息しており、10cmを超える大きなショウリョウバッタや、カマキリ、コガネムシ、トンボ、コオロギなどの鳴く虫たちなどがいました。今後は夏だけではなく、秋や春にも虫を探しに行って見ようと思います。

 それにしてもこのバッタ、常に背中にオスが乗った状態で、メスは重くないんでしょうか?重くて敵から思うように逃げられない・・・。なんてことが起こりそうなものですが


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。写真は購入もできます
写真素材 PIXTA


興味があれば

次回は、コウモリガを紹介します。