2019年4月の投稿結果です。81枚中・・・75枚審査に通りました。でも6枚NGですクオリティには一層の注意を払っていたつもりではいたのですが、NGは出てしまうものですね。ですが、一気に75枚も写真を増やすことができました。この調子で毎月70~80枚ずつ投稿していきたいものです。そしていつかは制限枚数いっぱいの、100枚投稿できればなー、なんて思っていました。
 あと、審査結果を待っている間に定額制ではありますが、ガの写真が1枚売れました。でも定額制なのでたったの29円。でも売れないよかマシです。
 
 ここのところ、単品や定額制などのバラツキはありますが、毎月1枚は売れているので嬉しいです。この調子でもっと沢山売れればいいのになー


 さて、5月の撮影ですが、もう一度神奈川県の津久井湖に行って見ようと思います。

 津久井湖へは去年の9月と、今年の3月に津久井湖が見られる、津久井湖城山公園 水の苑地に行ったのですが、5月は水の苑地とは別の場所にある、花の苑地と根小屋地区(ねごやちく)に行く予定です。
 花の苑地は水の苑地からあまり距離が離れていないため、自転車で行くことができます。根小屋地区も自転車で行くことができるのですが、花の苑地とは遊歩道で繋がっているそうなので、まずは花の苑地で撮影した後に、津久井湖や城山でも眺めつつ、遊歩道を通って根小屋地区に入ることにしました。

 ちなみに花の苑地には、その名の通り花壇や花畑があるらしく、5月はポピーが見ごろとのことなので、まずは、いくつか花を撮ることに。あと、水の苑地とは違った角度から見た津久井湖の写真を何枚か撮影してみます。

 そして根小屋地区には、戦国時代に後北条氏の配下だった内藤氏という一族が居城にしていた、津久井城(つくいじょう)の城址や城主たちが生活をしていた御屋敷跡があります。
 なんでも、津久井城は山に築かれた山城で、曲輪や掘切(ほりきり)と呼ばれる城の防御施設の遺構が残っているそうです。また、道中には城の兵隊が刀を研いだという言い伝えがある、宝ヶ池(たからがいけ)という、枯れることの無い池もあるんだとか。見どころがたくさんあって面白そうですが、山道は結構険しそうです。散策中はけがをしないように気をつけて歩くことにします

 あと、5月はツツジの花が満開になって見頃になっているはずなので、ツツジの花の写真と、その他、春の草花、虫たちの写真も狙っていきます。何か珍しかったり、面白かったりする花や虫に出会いたいものです。

5月はこんな感じの予定です。


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。購入もできます
写真素材 PIXTA





次回は、2019年4月のNG写真ウスカバナミシャクを紹介します。