2019年1月の投稿結果です。50枚中・・・40枚審査に通りました。なんと10枚もNG・・・ちょっと多いなってものではないです。久々の大量NGです。ちなみに多摩ニュータウンNO.57遺跡の写真がほとんどで、NGの理由は画像が鮮明ではない、明るさが適切ではない、といったものでした。撮影時はピントもしっかり合わせたし、明るさも問題ない場所で撮影したはずなのになぜNGなのか?しばらく考えていたのですが、思い当たる点がありました。それは煙です。多摩ニュータウン遺跡の記事でも書きましたが、遺跡では竪穴式住居の再現にカビや虫がつかないように、定期的に火を焚いているそうです。私が見学したときも、住居跡の一つで火を焚いていました。きっと、その時出た煙が周囲を覆い、写真の画質を落としてしまったのでしょう。今後撮影の際は、ピントや明るさだけではなく、煙やガス、霧がかかってないか、砂埃が舞っていないかなど、周囲の状況のことも考えながら撮影したほうがよさそうです。


 さて、久々に大量のNGを出し、少し落ちこんでしまいましたが、実は審査を待っている間に、1枚写真が売れていました。しかも、定額制ではなく単品で 「やったー 久々に単品で売れたー」などと喜んでいましたが、前回単品で売れたときに得たポイントは13.5ポイント、1458円。に対して、今回は6ポイント、648円と半額以下の利益でした。「えっ、なんで? 同じ単品で売れた写真なのにこんなに安いの? もしかして自分の知らない間に値下げしたのか?」なんて思い、PIXTA内の料金表を見てみると、販売の値段と投稿者に入る金額は、売れた写真のサイズによって決まるらしく、前回売れた写真はM+Exサイズというとても大きなサイズで、今回売れた写真はSサイズという小さいサイズでした。「良かった。値下げしたとかじゃなかった。」とほっと胸を撫で下ろしました。ちなみに今回売れた写真は、夏に撮った蜂の巣の写真でした。誰が何の目的で買ったのでしょう?謎ですね。


 では来月2月の予定ですが、東京都八王子市にある、高月城へ行こうと考えていました。実はこの城、以前に訪れた滝山城のすぐ近くにあり、私も存在は知っていて、いつか行こうと思っていたのですが、そのことをすっかり忘れていて、2018年12月に小松城跡に行った際、「そういえば、高月城って城跡あったよなー」と不意に行ってないことを思い出しました。この城は滝山城と尾根続きの山城で、現在は曲輪、掘りなどは残っているものの、あまり整備がされていないらしいですが、見学は自由とのこと。また、この城跡の近くにはホテルの廃墟もあるらしいので、そちらにも行ってみることに。高月城も楽しみですが、ホテルの廃墟に行くのも楽しみにしていました。

※廃墟は所有者の方がいたり、地面が脆くなっていたり、崩れやすくなったりしているので、勝手に入ったり、危険なことはしないようにしましょう。


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。購入もできます
写真素材 PIXTA






次回は、2019年2月の投稿です。