2018年7月の投稿です。
 
 2018年7月の天気ですが、まず、関東甲信地方で6月29日に梅雨明けになりました。この地方で6月中に梅雨が明けるのは、1951年に観測が開始されて以来、初めてのことで、平年よりも20日も早いそうです。
 7月に入ってからは梅雨前線などの影響により、雨や曇りなどでパッとしない天気でした。そして、7月4日ごろ、台風7号が東シナ海を北上、広い範囲で雨を降らせ、対馬海峡付近で進路を北東に変えて日本海上に抜けました。しかし、この台風の影響により梅雨前線が北海道に停滞し、北海道の広い範囲で大雨を記録、梅雨前線はその後、南下し行く先々で記録的な大雨を降らせ、北は北海道から南は鹿児島までが大雨に見舞われました。特に西日本の被害は甚大で、水道や通信、交通などのライフラインに大きな混乱が発生しました。7月9日、気象庁はこの集中豪雨を「平成30年7月豪雨」と命名しました。その後は、太平洋高気圧の影響により、全国的に晴れ、厳しい猛暑となりました。
 
 東京の天気ですが、あまり晴れていた日が無かったように思います。上旬は台風7号、下旬は台風12号の影響により雨と風がひどかったです。また、雨が降っていない日も、雲が出ていて、どんよりとした曇り空が多かったように思います。日差しがあまりなかったのですが、とても蒸し暑かったです。なんでも、2018年7月は全国的に記録的な猛暑になっていたとのこと。

 さて、撮影の方ですが、予定通りあまり遠くへは出かけず、虫や動物を探すために森や雑木林に入って撮影しました。なんでも、八王子城跡や片倉城跡には、野生のサルやイノシシ、タヌキ、マムシ、野ウサギなどの目撃が相次いでいるそうなので、出会える可能性も高いはず。これまでに、自宅近くでイノシシ、サル、タヌキは見たことがあるのですが、サルと野ウサギはまだ見たことがありません。個人的に野ウサギは、ぜひ一度は見てみたいです🐇。

 そんな感じで撮影のため八王子城に行ったのですが、なんと、御主殿跡でサルの群れに遭遇しました🐵。しかし、こちらが近づくと、小さなサル、たぶん子ザルと母ザルっぽいサル?たちは逃げてしまい、大きなサル、たぶんオスザル?たちに威嚇されてしまい、思ったように撮影することができず、離れた距離からの撮影になってしまいました。こちらも大きな音を立てたり、急に近づいたりなど、サルたちを驚かせてしまうような行動はしないようにしていたのですが、やはり野生動物なのか、警戒心が強かったです
 あと、私の前を歩いていたご夫婦が突然「ギャー!!」と叫び声を上げました。話を聞くと、足元に大きなマムシがいたらしく、「心臓止まるかと思った」と言っていました。マムシを撮ろうと周囲を探したのですが、時すでに遅し、マムシはどこかへ逃げてしまい、撮影することができませんでした。。夜にはタヌキと遭遇したのですが、逃げ足が速く、こちらも撮影することができませんでした。結局、野ウサギも見れませんでしたしかし、片倉城跡でシマヘビに遭遇し、撮影に成功
※マムシは猛毒を持っている蛇です。見かけても刺激したりしないようにしましょう。私も見つけたら、怒らせないように、ひっそりと撮るつもりです。

 そういえば、虫よけグッズの件なのですが、出かけた先のダイソーで虫よけのブレスレットを発見しました。1本100円なので、ホームセンターで売ってるブレスレットよりもかなり安価でした。貧乏性の私はとりあえず2本買って、両腕につけて使ってみることにしました。これでダメなら、ホームセンターできちんとしたものを買うということにしました。
DSC_0009
こんな感じです。虫の嫌がる匂いがついています。柑橘系っぽい匂いがします。

腕につけるとこんな感じ
DSC_0010

そのままにしておくと、匂いが落ちてしまうので、一緒についてきたジップロックみたいな袋に入れて保管します。効き目は約1か月ほどとのことです。
DSC_0011

 効き目ですが、よくわかりません。虫よけスプレーを使っているので、刺されたりはしていないのですが、それでも、耳元にブンブン飛んできます。でもブレスレットをつけていないときと比べると、寄ってくる数は減った気がするような、しないような・・・。よくわからないので、もうしばらく使ってみることにしました。

そんなわけで、2018年7月の投稿写真です。
●虫30枚 ●花4枚 ●ヘビ2枚 ●川6枚 ●鳥2枚 ●景色4枚 ●サル2枚 計50枚です。やはり虫がたくさんいました。


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。購入もできます
写真素材 PIXTA


アウトドアのお供に
 

次回は、2018年7月の投稿結果です。