4月下旬、4月の投稿を終え、5月はどこで何撮ろうかなー、などと考えていたところPIXTAからメールが届きました。

『アップロード枚数が上がりました。 アップロード可能枚数50枚』

 よし! ついに念願の50枚を達成しました。2017年の6月に投稿枚数50枚を目標に掲げてから、約10か月ほどで、目標を達成しました。目標を決めた当初は何年かかるのだろうか、なんて思っていましたが、1年かからずに目標を達成することができました。ちなみに、私が写真投稿を始めてからは約2年経ってます。2年で投稿枚数50枚は早いのでしょうか?遅いのでしょうか? まぁ何にしろ、投稿枚数が増え、目標も達成できたので、遅い早いはあまり気にするようなことではないでしょう。

 それにしても、なぜ今までは10枚や5枚刻のペースで投稿枚数を増やしていたのに、30枚から急に20枚分も飛んで、50枚になったのでしょうか? 2018年に入ってからNGが出てないから?それとも写真が売れ始めたから?あるいは、増加する枚数は特に決まっているわけではなく、PIXTAが「この人は、今は30枚投稿だが、もう50枚でもいいか。」みたいな感じで結構アバウトに決めているのでしょうか? 基準がよくわからないですね。枚数増加の基準はPIXTAのみぞ知るって感じなので、考えても仕方ないでしょう。
 50枚以上は投稿できないのかと思い、調べてみたところ、どうやら人によっては100枚以上投稿できる人もいるみたいです。なので、次は投稿枚数100枚を目指すことにしました。しかし、100枚になったらなったで、毎月100枚も投稿することは難しいと思います。とりあえずは100枚を目標にしながらも、50枚で満足することにしました。

 ちなみにこのメールが来たのは4月下旬、4月投稿の締め切り間際(4日前だったような気がします。)、すでに今までの制限枚数の30枚は投稿し終えていました。それが50枚に増えたことにより、あと20枚投稿できるようになりました。
 しかし、4月投稿の締め切りまで残り4日、これまでに20枚の写真を撮影するのは大変なことでしょう。なんでPIXTAはこんな締め切り間際に投稿枚数を増やしたのでしょうか?タイミングが悪すぎです。もう少し締め切りに余裕をもって増加のメールを送るか、もしくは翌月5月から50枚投稿できるようにするとかにすればよかったのに・・・。何度か記事に書いているとは思いますが、毎月毎月必ず、投稿枚数いっぱいまで投稿しなければいけないというルールはありませんし、投稿しなかったからといって何かペナルティがあるわけでもありません。しかし、20枚も投稿できるのに、投稿しないのはなんだかもったいないような気がしてならないのです。

 そんなわけで急遽、町田市の小山ヶ丘の三ツ目山公園内へ撮影に行きました。この公園には久保ヶ谷戸横穴墓(くぼがやとよこあなぼ)という史跡があり、また、広い草原と雑木林があるので、史跡だけではなく、草花や虫たちの写真も撮れるのではないかと考えたからです。20枚撮影しようと頑張ったのですが・・・。

●史跡5枚 ●花4枚 ●虫3枚 計12枚といった結果で、結局20枚撮ることができず、8枚分損したような気分でした。 もっと早くメールしてくれればなー・・・。


興味があればどうぞ


次回は、今井城跡を紹介します。