2017年11月上旬、そろそろ11月投稿の写真を撮りに行こうかなー、と思っていたところにサイトから2通のメールが届きました。

「あなたのアップロードした作品が『定額制でダウンロードされました。』タイトル:八王子城跡
「あなたのアップロードした作品が『定額制でダウンロードされました。』タイトル:勝坂遺跡


 よっしゃー!! また売れたー!! 2枚売れたー!! 先月に続き、また売れました。先月同様に史跡の写真が売れましたが、史跡は需要があるのでしょうか?そう思って、自分の写真のアクセス数を見てみると、勝坂遺跡の写真は3枚もアクセス数が30を超えていました。投稿したのが2017年7月なので、わずか4か月ほどで2ケタのアクセス数を獲得してました。もしかしたら、同じ人が何度もアクセスしただけなのかもしれませんが、この短期間にこれだけのアクセス数を獲得するということは、やはり、「ものすごく」というわけではないものの、「それなりに」需要はあるのでしょう。また、2017年6月に投稿した小河内ダム(奥多摩湖)の写真が、アクセス数20を超えていて、勝坂遺跡の写真に次いで、伸び率が高かったです。史跡の写真だけでなく、ダムの写真も「それなりに」需要があるのでしょう。ちなみに2016年6月、記念すべき1番最初に投稿したダンゴムシの写真は、アクセス数20ほどでした。1年5か月かけてこのアクセス数なのに比べ、勝坂遺跡と小河内ダムの写真のアクセス数の伸び率がよくわかります。

 しかし、虫、花、キノコの写真のアクセスはほとんど伸びていませんでした。というか0か1でした。自分の写真と、図鑑やネットの画像とを散々にらめっこして、かなりの時間をかけて特定作業を頑張ったのに、この有様でした。虫の写真に需要が無いのか、それとも、私の被写体の虫たちに需要が無いのかわかりませんが、かけた労力に対しての成果が、ほぼ0なのはちょっと悲しいですでもまぁ、まだ投稿してから数か月しか経ってないので、これからたくさんアクセスされることでしょう。と、自分に言い聞かせ、これに懲りず、これからも虫や花などを撮った時はなるべく特定をしてから投稿するようにします。特定作業が楽になる方法は無いものだろうか・・・。

 さて、2枚売れていくらの利益になったのかというと・・・、54円です。前回売れた時と同じです。前回売れた分のポイントと合わせて計1ポイントになりました。たった108円です・・・しかもまだ換金できません。「こんなの儲けてないのと同じじゃないか。」と、前回と同じことを思いました。定額制プランで販売せずに単品のみでの販売に設定することもできるのですが、これだと、まったく売れないのではないかと思います。購入する人は当然ながら、同じ値段ならば、少しでもうまい写真を買おうとするはずです。そうなれば、他の写真と競争になります。このサイトでは、プロとして活躍しているカメラマンの方々も投稿しているらしいです。また、私のカメラよりも高性能なカメラを使用している方もいるでしょう。そういった方々の写真と私の写真が競えば私の写真など勝てるわけもありません。しかし、写真をまとめ買いしやすい、定額制プランならば、多少クオリティが他と見劣りしても、「まぁ、安いからとりあえず買っておこう。」といった具合に買ってくれる可能性は高いのではないでしょうか。まぁ私の写真の腕が上がれば、こんな小賢しい策略を考える必要はないんですけどね・・・
 
 色々書きましたが、売れてお金になったことには変わりないので、喜んではいます。でももっと売れろー

次回は2017年11月投稿分です。