2017年8月30日PIXTA運営からメールが来ました。

「アップロード可能枚数が上がりました。 アップロード枚数:25枚」

 よし、やった!!枚数アップ!!きっと、8月の投稿で全写真の審査に通過したことが理由なんでしょう!20枚から5枚しか増えていませんが、少しづつ目標に向かって前進しているような気がしますし、自画自賛ですが、なんとなく写真の腕も上がったような気がします目標の50枚まであと半分です!このペースなら今年中に目標達成できるかもしれません!でも30枚ではなく、25枚。数字を刻んできましたね。30枚ではなく、25枚にしたのには何か意味があるのでしょうか?

 アップロード枚数が20枚になったころから感じていて、以前も書いたのですが、毎月、審査に通過するような写真を20枚撮影するのはかなり大変です。8月は悪天候もあってか、撮影に出かけられず、わずか1日で20枚を撮るという強行スケジュールでした。たまたま入った森で大量のキノコを発見したから良かったものの、何も見つからなければ、8月は危うく投稿写真は無しになるところでした。アップ可能枚数が増えていくにつれて、被写体のネタ切れになるのが怖いですちなみに毎月上限まで投稿しなければいけないというルールがあるわけでもありませんし、上限まで投稿しなかったからといって、何かペナルティがあるわけでもありません。しかし、投稿しないのはなんだかもったいないような気がするので、極力毎月上限いっぱいまで投稿したいと思っています。しかし、まぁなんにしろ枚数が増えたことは嬉しくて喜ばしいです
 
 ところで肝心の売り上げですが、いまだ0です。閲覧数も7月とほとんど変わらず、八王子城の写真がわずかに伸びているだけです。この有様では、いくらアップロード枚数が増えたところで何の意味もありません。PIXTA内のアドバイスページには、売れやすい写真について『画質が良いもの』『写真が明るくシンプルなもの』『被写体のテーマがはっきりしていて、余計な要素が入っていないもの』『希少な被写体のテーマ』『文字を載せやすいデザインのもの』とあり、私もこのアドバイスに則って、画質や明るさに気をつけ、投稿数が少ないマイナーな被写体を狙って投稿しているつもりなのですが相変わらず、売れず、閲覧もされない。といった状態です。なんとか今年中に1枚でも売れてほしいなー。売れなくてももう少し閲覧数増えないかなー。などと思っていました。

 ちなみにPIXTでは、毎月、売れ筋テーマや、注目テーマ、不足しているテーマなどのアドバイスメールが届くので、「自分ではテーマが決められない」という方は、そのメールのアドバイスに則って投稿してみてみるのも手だと思います。また、人気投稿者さんからの直々に、売れる写真の撮り方のアドバイスがもらえるバスツアーや講習会、相談会なども開かれているそうなので、興味のある方は、ぜひ参加されてはいかがでしょうか。私は自分の撮りたいテーマ(マイナーな史跡など)で勝負したいので、テーマのアドバイスはサッと読んで参考程度にしているのですが、売れる写真の講習会などには参加してみたいなー。なんて考えていました。


次回は2017年9月投稿です。