2016年6月、私は写真で儲けるため、PIXTAに登録しました。 しかし、あることに気が付いてしまいました。
 
● そもそも写真で儲けるとか、利益を出すとか、売るってどういうことなのか?

● 写真を投稿するとは、どういうことなのか?
 
●投稿する写真は、どのようなものでもいいのか?
 
 
もっと早く気付くべきだったというか、もっとちゃんと調べておけよ、というべきか、私は、このことを何も考えていなかったのでした。
 
 写真の投稿や販売に関しては、PIXTAの案内にきちんと記載があったので、しっかり読んで確認しました。
それによると・・・
  重要なところを要約

   写真投稿ついて
●一月に投稿できる写真枚数が決まっています。投稿枚数は投稿者のランクによって増加していきます。

●写真を投稿後1~2週間で、商品として売り出せるかどうかの審査をします。審査で不合格だった写真は、         
販売することができません。

●人を撮影した場合はきちんとサイト側に、「写っている人の許可をもらっている」、という届けを出しましょう。
  (モデルリリース 肖像権使用同意書をPIXTAに提出)

画質が悪かったり、ピントがずれているもの、公序良俗に反するもの、タイトルやタグが不適切なもの、肖像権使用同意書の提出の無いも のは審査で不合格になります。
 
 
  写真の販売と料率について
● 購入された写真はロイヤリティフリーのため、購入後は、購入者が自由に使用できます。

●写真が売れた時の報酬額は、購入者が定額制で購入したか、単品で購入したかによって異なります。

● 写真が購入されると、写真の値段の0.25~0.50、または、22~48パーセントのコミッション率で報酬がサイト内のポイントで支払われます。

● コミッション率は、写真投稿者のランクによって異なります。

● サイト内のポイントは、1ポイント108円で現金にすることができます。(換金は、10ポイント以上から、手数料2 ポイントかかる)
 
 ※ランクというのは、文字通りの意味で、写真がたくさん売れるとランクが上がり、もらえる報酬が増えます。
  定額制とは、一定期間に定額の料金を支払うことで決められた点数の素材をダウンロードできる料金プランです。 
 単品購入は、写真を単体で購入することです。細かいことに関しては、(その都度、説明していく予定です。)

 少し長くなってしまいましたが、以上が写真の投稿と販売についての要約です。


私のPIXTAページです。よろしければご覧ください。購入もできます
写真素材 PIXTA


興味があれば
    

次回は、どんな写真を撮るか考えます。